【スマホ管理】データロガー(Drogger)に「油温センサー」を取付け!

データロガー!油温をスマホでチェック!

今回は油温センサーをデータロガー(Drogger)に移行したいと思います!

私のグロムは、すでにKOSOの油温計がついています。

>【グロム】ドレンボルトからとる油温計(KOSO LED油温計)を取り付けました

どうせならデータ収集もしたいですからね!

データロガーに移設することで以下のような恩恵があります!

  • 計器類がなくなるのでメータ回りがスッキリする
  • 記録されるのでスマホでデータとして見ることができる
  • 油温によって燃調の補正がかけられるようになる
  • 電源を取ってくる必要がない

メータ回りをワチャワチャさせたい人にはオススメ出来ないのが難点ですね。

また「データロガー(Drogger)」の追加機能なので、油温センサー単体では動きません。

データロガーの凄さを以下で解説しています!

>【Drogger】スマホで走りが丸分かり!データロガー装着と凄さを解説

計器類もまとめられて、データを見返すこともできるので今後は全てデータロガーで管理になります。

早速取り付けていきます。

取り付け

作業時間は20分ほど

ドレンボルトも外しますので、オイル交換もセットになります。

1.ドレンボルトを交換する

drogger油温センサー(ドレンボルトに取付)

drogger油温センサー(センサーを取付)

センサー取付用のドレンボルトが売っているのでそちらを購入

ドレンボルト :M12 × P1.5
センサー取付部:1/8

created by Rinker
デイトナ(Daytona)
¥1,027 (2022/12/08 21:02:39時点 Amazon調べ-詳細)

自分はバイクパーツショップで購入しました。

値段は1,500円(地味に高い・・・)

drogger油温センサー(ドレンボルトを取付)

センサー部分からもオイル漏れは無さそうなのでOKです!

2.Droggerに接続

【外装を外す】

外装の外し方はこちらの記事をご覧ください

【Droggerに接続する】

drogger油温センサー(ドロガーのT2に接続)

drogger油温センサー(ドロガーのT2に接続後)

ドロガーの空きスペースに差し込みます。

drogger油温センサー(コネクタを接続)

カプラーオンなので簡単でいいですよね~

【表示テスト】

最後に実際にDroggerに接続をし「油温」が表示されるかチェックします!

「Oil:25.6」と表示されているので、問題ないようです!

これで油温計もデータとして取れるようになりました!

これから気温が上がってきます。

熱ダレ対策にも一役買ってくれることを期待です!

 

以上ありがとうございました!