【グロム】燃調セッティングが楽!データロガー(Drogger)を入れました

ドロガー説明画像4

グロムメンバーで最近流行っているパーツを紹介します!

レースをやってる方にはかなりおススメ!

データロガーの「Drogger」です。
細かい仕様などもすべて公式サイトで確認することができます。

サブコンで燃調セッティングが上手くいかない・・・

データロガーを入れることで解決の糸口になるかもしれません!

データロガーとは

データロガーとは

データロガーとは、GPSロガーと解析ソフトなどを組み合わせることで、ライディングを解析するシステムのこと。
たとえば、サーキットなどで活用すれば、最高速や加速性能はもちろん、どのコーナーをどんなラインで、どれぐらいの速度で曲がったかまで分かってしまう、ライダーにとっては魔法の箱のようなものです。

引用元:Webike

やはりレースをやってる方も最近取り付けている方が多いみたいですね!
https://ameblo.jp/rgv0318/entry-12464457170.html

データロガーは昔なら数百万したらしく、ワークスチューンなどのガチレース車両などにしか搭載する人がいませんでした。

そんな中データロガー(Drogger)は本体価格は2万円で購入できBluetooth接続で簡単スマホからデータを確認することができます。

Droggerの機能について

Droggerの機能がてんこ盛りなので、いくつかご紹介いたします。

「ラップタイマー」「空燃比系」「タコメーター」「速度計」「シフトポジション」など便利機能が記録できます。

基本的に「本体 + 別途必要な機能」を別途購入していくスタイルになります。

販売サイトから取ってきた「Drogger」の機能一覧です!

レースなどやってる人には最高の機能ではないでしょうか?

最低限のラップタイマーなどを買っておいて後々必要になれば「サスペンションストロークセンサー」や「水温系」「油温計」「電圧計」などを追加していけばいいと思います!

カプラーオンなので簡単に機能追加ができるようになっています。

ちなみにDrogger本体にGPSを接続すれば、走行ラインも確認することができます。

ちなみにGPSは別売りとなります。

ちなみにラップタイマーが動いている時のみデータが記録されます。

これこそデータロガーのすごいところでラップごとの「スロットル開閉度」「空燃比」「速度」「回転数」などがデータとして見れます。

サスペンションストロークセンサーや電圧計、油温計などを追加で搭載してればそのデータも記録されます。

サブコンのセッティングが楽になる理由がまさにこれ!

通勤やツーリング等でもデータを取ることができ、セッティング前とセッティング後の比較も容易に可能となるので、セッティングが捗るわけです。

ラップごとにデータが見れるので

このラップの時はなぜタイムが良かったのか?

このライン取りの時が一番タイムが良かったなど

いつでもスマホで解析が可能となります。

普段は、メーターの代わりにも使えるのでかなり便利です!

自分は同じグロムメンバーの方に取り付けて頂きましたが、知識のある方と取り付けた方が安全かと思います。

ただそれに似合うだけの機能がありますので、ぜひおすすめしたいです!

以上ありがとうございました!

 

■グロムに取付けたパーツ一覧集

グロム画像 グロムに取り付けたカスタムパーツ一覧まとめ