【保管方法】梅雨時のバイク保管方法のご紹介

バイク梅雨シーズン保管方法

今年もこの季節がやってきました

そう梅雨です。

バイク乗りにはあまりいい季節ではないのと「錆び」が発生しやすい季節です。

管理を怠ると大切なバイクがあっという間に錆びだらけなんてことも・・・

そこで今回は梅雨入り間近!

梅雨を乗り切るための保管方法をお教えいたします!

保管方法

バイクカバー

保管中に雨に濡らさないためにシートカバーを必ずかけましょう!

止める場所も水はけのいい場所に止めるようにしましょう。水はけが悪いと地面からの湿気がカバー内に籠る為です。

また晴れた日にはカバーを外して湿気を飛ばしましょう!

また長期間乗らないと思いますので、保管時には防犯対策をしっかり行ってください。

created by Rinker
大阪繊維資材(Oss)
¥2,000 (2021/09/29 09:54:23時点 Amazon調べ-詳細)

盗難対策

シートカバーを始め盗難対策をしっかり行いましょう!

理想は「シートカバー」「チェーンロック」「ディスクロック」がおススメで、窃盗犯に盗むのが面倒くさそうと思わせることが大切です。

ディスクロックは個人的にかなり押しです!

金属の錆対策

梅雨は湿気がすごいのでカバーだけでは錆が発生してしまいます。

円滑剤、シリコンスプレーなどで錆対策を行いましょう!

車体をみて錆がある場所には重点的に錆対策を行い、定期的に防腐剤を塗布する必要があります。

燃料は満タン

タンク内に水が入る原因の1つが「結露」です

ガソリンが減ったままだとタンク内の結露面積が広くなるためタンク内の錆の原因にもなります。

なるべく満タンにして保管しておきましょう。

梅雨対策のまとめ

最後までご覧頂きありがとうございます!

今回の梅雨対策のまとめは以下の通りです。

  • 保管時はバイクカバーと盗難対策をしっかり行う
  • 天気のいい日はカバーを外し湿気を飛ばす
  • 円滑剤を使い梅雨入り前にしっかり錆対策を行う
  • ガソリンはなるべく満タンにしておく

これから梅雨本番!

しっかり対策を行いバイクをしっかり保管しましょう

 

以上ありがとうございました!