【グロム】休憩中などの防犯対策|ヘルメットホルダーを取付

ヘルメットホルダー!簡単なセキュリティ対策

今回は防犯対策として「ヘルメットホルダー」を取付けました!

これからツーリングの季節に突入することもあり外出も増えると思います。

そこで気を付けたいのがコンビニ休憩中などのヘルメットの盗難です。

実際のところ

少しの間ならとミラーに引っ掛けているだけの人も多く、常にヘルメットを持ち歩く人は少ないです。

フルフェイスともなると数万円はしますし、簡単に運ぶことが出来ます。

出先で盗難されると帰宅困難になります。
予備ヘルメットなんて常に持ち歩いている人いないですからね。

そこで今回はヘルメットホルダーを実際に取付けてセキュリティ対策をしたいと思います!

取付方法

作業手順
  1. ヘルメットホルダーを分解する
  2. 取付位置を決める
  3. ヘルメットホルダーを取付ける

作業時間:5分

取付けに必要な工具は付属しているので準備は何も要りません。

内容物
  • ホルダー本体
  • 鍵 × 2
  • 滑り止めのラバーマット

1.ヘルメットホルダーを分解する

まずは付属の六角でホルダーを分解します。

鍵穴部分のネジを外すと、さらにネジがあるのでそちらも外します。

2本のネジを外したら取付けの準備は完了です!

2.取付位置を決める

取付位置が決まったら鍵穴以外の部品を取付けます。

このネジは本締めで大丈夫です!

付属のラバーマットを挟むことでしっかり固定が出来ます。

3.ヘルメットホルダーを取付

最後に本体を固定します。

締め付けトルク等の指示はないのでガチガチに締めます。

取付が完了しました!

作業はこれで完了です!

ヘルメットを引掛けてみた

強く引っ張る程度ではビクともしません。
耐荷重も記載が無いが10kg程度だと思われます。

工具無しでは外すことは難しいので、少しバイクから離れる時でもこれなら安心できます!

まとめ

最後までご覧いただきありがとうございました!

これからツーリングなど外出する季節になりますので持ち物の盗難対策はしておきたいですね!

 

以上、ありがとうございました!