ブレーキフルード交換は要注意!腐食性をチェック

ブレーキフルードの腐食性を検証

今回は気になっていた実験をしたいと思います。

ブレーキフルードの腐食性を見てみたい!

実際ブレーキフルードと言えば液圧式ブレーキに補填する液体のことだが、取扱にはかなり注意が必要です。

危険な理由として「金属や塗装への攻撃性の高さ」が挙げられます。(ウレタン塗装すら剥がします)

ブレーキフルードの主な成分は「ポリグリコールエーテル」という物質。

強力な毒性を持つ有機溶媒で剥離剤並みの攻撃力があります。

そこで今回はもし作業中にこぼしたらどうなるのか?を検証してい見たいと思います!

検証してみた

今回は腐食性を見るために半分だけ塗って様子を見たいと思います。

念のため蓋をしておきます。

~ 3日後 ~

若干色が薄くなった。

拭いてみたら黒色の汚れ(コーティング)がつきました!ブレーキフルードが付着していた部分のみ汚れが付くためフルードの影響で間違いないと思います。

コーテイングが剥がれたということは錆びやすいってことですからね!

 

思ったほど映えない結果だったので塗料でも試してみた。

こっちは1日放置。

普通に塗料が剥がれました!

やはりアルコール系の液体なので外装にはかなり効くようです。

車はエンジンルームの上の方にフルード容器があるので垂らさないように要注意ですね。

検証結果
  • 金属だとコーティング等が剥がれる
  • 塗料は半日でも危ない
  • とにかく作業後は水洗い

以上、ありがとうございました!