【グロム(JC75)】フラットシートの作り方!ノーマルシートを加工して作成

グロムのシート加工(アンコを抜く)

つい先日取付けたタンクパッドがシートと干渉して付かない問題。

グロムにタンクパッドを装着 【グロム】switch!製タンクパッドを装着!コーナリングフォームが安定

これを解決するためシートを再形成したいと思います!

フラットシートにする方法は2パターンあります。(私は今回2番)

  1. ノーマルのクッションを加工する
  2. ラバーシートや発泡ウレタンを使い作成する

今回はそこまでの精度は求めていないです。座れればOKぐらいです!(笑)

材料も以前に車のデッドニングをしたときのあまりのラバーシートを使います。

created by Rinker
アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
¥3,170 (2021/12/01 21:49:49時点 Amazon調べ-詳細)

加工作業

シート加工に必要なものは以下の通り

  • タッカー
  • ハサミ
  • ラバーシート
  • カッター等(ノーマルクッションを加工する場合)
created by Rinker
サンドリー(Sundry)
¥1,184 (2021/12/01 21:49:50時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
¥3,170 (2021/12/01 21:49:49時点 Amazon調べ-詳細)

基本的な作業は「削る」か「切って、貼る」がメインなので必要なものは少ないです。

1.針を外す

マイナスドライバーを使うと簡単に外すことが出来ます。

2.クッションを外す

ノーマルクッションは今回加工しないので外します。

ノーマルクッションを使う場合はこの作業は不要になります!

3.ラバーシート切って貼る

このラバーシートは1cmの厚みの物で弾力もあるのでおススメです!

小分けカットしすぎると隙間でボコボコした仕上がりになるのでなるべく少ないカットの方が仕上がりが良くなります。

今回は先端部分はタンクパッドが入るので薄く作り、タンデム部分と運転席部分がフラットになるように成形しました!

4.シートをタッカーで止める

 

8mmの針を使用しました!

場所によっては打ち込みにくい部分がありました。

完成

若干フラットじゃないような気がするが、以前より全然動きやすくなったのでOKです!

やはり動ける範囲が広がるとコーナリングの姿勢を作りやすいのでタイムアップにも繫がりますね!

社外シートを買う方法もありますが、安く仕上げたいなら自分で加工するのもおススメです!

 

以上、ありがとうございました!