【グロム】ブローバイガスが綺麗に!キタコ「オイルキャッチタンク(カーボン)」を取付け!【画像解説】

今回はグロムに「キタコ製オイルキャッチタンク」を取付けたいと思います!

オイルキャッチタンクには、ブローバイガス内に含まれるオイルミストを除去する役割があります。

そのままエアクリ内に送ってしまうと、オイルミストでフィルターも汚れるし、オイルも減っていきます。

気になっていたパーツなので、実際に取付けて検証したいと思います!

 

それではどうぞ!

 

評価
このパーツの評価
取付難易度(★1:難しい / ★5:簡単)
(4.0)
性能
(3.0)
価格(コスパ)
(2.0)
耐久性
(3.0)
総合評価
(3.0)

評価について

★★★★★:超オススメ!
★★★★☆:オススメ! 
★★★☆☆:悪くはない 
★★☆☆☆:微妙    
★☆☆☆☆:ダメ    

商品リンク

created by Rinker
キタコ(KITACO)
¥14,300 (2024/04/14 04:55:18時点 Amazon調べ-詳細)

オイルキャッチタンクの役割

オイルキャッチタンクには主に以下のような役割があります

  • ブローバイガスに含まれるオイルを取る

クランクケースから排出されるブローバイガスの中には不純物(オイルミストやカーボンなど)が含まれています。

その不純物が含まれているガスは、純正であればそのままエアクリーナーボックスに戻されて、再びエンジンに吸わせて再燃焼されるわけです。

それだと、オイルミストによってエアクリーナーボックス内も汚れる、スロットルバルブも汚れてしまいます。

それを防ぐ目的で一旦「オイルキャッチタンク」でオイルミストを除去して、ガスのみをエアクリーナーボックスに送ることで汚れ付着を軽減することが出来る訳です。

取付手順

取付手順
  1. ステーを取付け
  2. オイルフィラーキャップを取付け
  3. キャッチタンクを固定
  4. ホースを接続する

作業時間:2時間

JC61用だけどいけるだろ!と思っていたら色々干渉して地獄でした!(笑)

JC75の方は取付は出来ますが、ステーで取付位置延長など、対策が必要です。

 

それでは、詳しく解説します!

1.ステーを取付け

付属のステーを取付けます!(固定位置は以下の2か所です。)

JC75は干渉アリ

JC75はステー取付位置にオイル注入口があります。

これが干渉するので、ステーを使って位置を上げる必要があります。

ステー位置を上げることにより、ホースの長さが足りないなどはありませんのでご安心ください。


ステー自体は2か所固定するだけで簡単です!

以上で「ステーの取付け」は完了です!

2.オイルフィラーキャップを取付け

まずは純正のオイルゲージからOリングを外します。(新品に変えることをオススメします!)

商品リンク


外したOリングを、付属の「オイルフィラーキャップ」に取付けます!


オイル注入口部に取付けます。

以上で「オイルフィラーキャップ」の取付けは完了です!

3.キャッチタンクを取付け

オイルキャッチはカーボン製です。質感も良くかなり高級感があります。(容量:220ml)


付属の「ニップル」をキャッチタンクに取付けます。(3個あります)


今度はひっくり返して「キャップボルト」を取付けます!


次は「固定用のバンド」に付属の「保護チューブ」を通します。


あとは先ほど固定したステーに括りつけたら、キャッチタンクの取付けは完了です!

以上で「キャッチタンクの取付け」は完了です!

4.ホースの接続

ホースは3カ所接続する必要があります。

1カ所目:オイルフィラーキャップ


2か所目:クランクケースブリーザ

セルモーターの横にあります。


3カ所目:エアクリーナーボックス

指で触っているホースを外し、オイルキャッチタンクから接続したホースを繋ぎます。

JC75の場合は左側の外装を外す必要があります。

 

上記3カ所に接続したら作業は完了になります!

以上で「オイルキャッチタンク」の取付けは完了です!

実際に走ってみた感想

メーカーの説明によると「ケース内圧力を逃がし、高回転が回りやすくなる」と書かれており「ハイパーバルブ」と似たような効果が得られるとのことです。

実際に乗ってみると、ハイパーバルブとの違いみたいなのは、正直分かりませんでした。

ただオイルキャッチタンクは、内圧コントロールバルブと役割が違うので、一概に比較はできませんが。。。

個人的にオイルキャッチタンクの中にどれぐらい貯まるのか興味があるので、1カ月ぐらい乗ってみて中身をチェックしてみたいと思います!

また見映えに関してはかなり良いと思うので、カスタムを楽しみたいみたいな方には、オススメ出来るかもしれません。

ただJC75の人は正直やめた方がいいと思いました・・・(笑)

まとめ

最後までご覧いただきありがとうございました!

今回は「キタコ製オイルキャッチタンクの取付け方法」についてでした!

正直なところ見栄えは良いですが、効果を体感するのに時間が掛かるので、満足感は低いかもしれません。

ただエアクリーナーボックス内の汚れを減らせるなどの効果もありますので、興味がある方は購入を検討してもいいと思います!

 

以上、ありがとうございました!

 

評価
このパーツの評価
取付難易度(★1:難しい / ★5:簡単)
(4.0)
性能
(3.0)
価格(コスパ)
(2.0)
耐久性
(3.0)
総合評価
(3.0)

評価について

★★★★★:超オススメ!
★★★★☆:オススメ! 
★★★☆☆:悪くはない 
★★☆☆☆:微妙    
★☆☆☆☆:ダメ    

商品リンク

created by Rinker
キタコ(KITACO)
¥14,300 (2024/04/14 04:55:18時点 Amazon調べ-詳細)

 

いつも見てくれてありがとうございます!
皆さんのクリックが励みになっています!
ポチっと協力をお願いします!

ブログ村