【グロム】エンジン冷却に効果あり!?アルミのタペットカバーを取付け!

タペットカバー!アルミ素材で放熱効率アップ!

こんな方にオススメ!
  • エンジン冷却効率を上げたい方
  • スポーツ走行をする方

今回はエンジン冷却アップを図るためアルミタペットカバーを取り付けたいと思います!

グロムは空冷エンジンなのでサーキット走行を行うと油温がスゴイことになります。

そこで放熱性の高いアルミなどのタペットカバーに変えることで冷却効率を上げることが出来ます。さらに効率アップを図るならフィン付きのタイプもあります。

オイルクーラーをつける方法もありますが「クラッチカバー(25,000円)」「オイルクーラー(10,000円)」と高額出費になるため個人的には最終手段と思っています。

まずはタペットカバーで様子を見てダメだなオイルクーラーかな

自分

取付けは簡単なのでサクッと終わらせます。

取付作業

取付手順
  1. 純正のタペットカバーを外す
  2. 社外のタペットカバーを取付

作業時間:10分

純正のタペットカバーを外す

ヘッド上下にカバーがついていますので片方ずつ取り付けていきます。

■ 上側

8mmのスパナ等で外します。

2か所で固定されています。

■ 下側

注意
下側はエンジンオイルが少し出てくるので注意しましょう!

事前にフロントタイヤを木材などで5cmぐらい上げておくとオイルの出る量が最小限で済みます。

純正との比較

安いタペットカバーですが作りは悪くないと思います。

社外のタペットカバーを取付

今回は純正についていたガスケットを外して使いました(本当はNG)

装着後の見た目

今回は目立たないように黒色をチョイスしたが正解でした!

近くだと思った以上にパット見で分かります!

ゴールド・ブルー・シルバーなどのカラーもありますので好きな色をチョイスできます!

まとめ

最後までご覧いただきありがとうございました!

エンジンの熱取りは耐久性にも大きく関わる部分ではあるので、暑い時期になる前に対策をしておきたいですね。

冷却面での効果は後日サーキット走行でチェックして追記をしたいと思います!

 

また他にも油温対策パーツを紹介していますので、是非こちらもご覧ださい!

>グロム油温を下げるおすすめの対策パーツまとめ

 

以上、ありがとうございました!