【グロム】リムステッカー取付(12インチ用)

今回は「グロムのリムステッカー」を取付けます!

リムステッカーとは

ホイールのリム(外縁)にステッカーを貼ることから「リムステッカー」と呼ばれています。

簡単にホイールのの印象を変えられるので人気のカスタムとなっています。

安い物だと1,000円程で買うことができ、種類も様々です。

そこで今回は実際にグロムに貼ってみてレビューをしたいと思います。

リムステッカーの選び方

リムステッカーを選ぶ際のコツは以下の通りです。

  • ホイールのインチ数
  • カラーリング

ホイールのインチ数

12インチと17インチでは曲線が変わりますので、取付ける車体のインチ数を調べる必要があります。

リム径の「16 / 17」の部分がインチ数になります。

グロムの場合は12インチとなります。

カラーリング

基本的な合わせ方としては以下の通りです。

  • 車体の色に合わせる
    → 一体感が出る。合わせやすい。
  • 合わせやすい白色
    → 合わせやすい。無難に良い。
  • 目立つ反対色
    → ホイールが目立つ。車体・ホイール色とのバランス取りが難しい。

どの色でも基本は問題ないので、リムステッカーの色はお好みで大丈夫です!

取付作業

作業手順
  1. パーツクリーナーで脱脂する
  2. リムステッカーを貼る

作業時間:30分

今回は無難に白色をチョイスしました!

購入したのは「WHEEL STECKER」の製品でデザインありでこの価格はかなり安いです。

1.パーツクリーナーで脱脂をする

ステッカーを貼る前にリム部分の脱脂を行います。

脱脂を行わないとリムステッカーがすぐ剥がれる可能性があるからです。

MEMO
洗車後にパーツクリーナーで脱脂が一番おススメです!

2.リムステッカーを貼る

位置を合わせながら慎重に貼ります。

1面分が貼り終わるとこんな感じです。
かなり良い感じです!

よく見たらかなり雑ですが、ぱっと見は分からないからOKとします。

この作業を前後4面行います。

ミスっても大丈夫!

4面でこれだけ余るので多少のミスは問題ありません。

取付後のイメージ

■ 取付前

■ 取付後

白色なので目立つわけではないが、車体に対し違和感も無く良い感じです。
これが白色の良いとこです!

無難に行きたいなら白色は一番いいですね!

まとめ

最後までご覧いただきありがとうございました!

貼る作業は地味に大変でしたが、うまくいったので満足しています。

何かやってみたいと思っている初心者の方には「リムステッカー」をおススメしたいですね!

 

以上、ありがとうございました!