【レビュー】バイク用ツーリングネットでキャンプの荷物が楽々積載!

今回は「バイクのツーリングネット」についてご紹介いたします!

こんな方におススメ!
  • キャンプに行こうと思っている方
  • 積載量を安価で増やしたいと思っているかた
  • リュックを背負いたくない方
  • ビジュアル的にボックスは嫌な方

ツーリングネットとは、ボックスと同じで「積載量を増やすためのアイテム」となります。

大体のバイクに取付可能で、導入費用が2,000円以下と安価なのが魅力となります。

感想として「持っていると非常に便利」と思いました!

非常にコンパクトながら、グロムに「テント+寝袋」が積載可能です!

今回は人気の「タナックスのツーリングネット(Mサイズ)」を購入したのでレビューをしたいと思います!

それでは、どうぞ!

品質が評判のタナックスのツーリングネット 

実際に現物を見ての感想は以下の通りです。

  • 伸縮性がスゴイ!
  • フックがスチール製で頑丈(6本付属)
  • ネットの網目が細かい

フックも頑丈+フックの引掛け部分も広いので、車体への取付がしやすく個人的にかなり好ポイントでした!

またネット自体の伸縮性が非常によく、引張れば2倍近い長さになります。

ちなみにサイズも豊富で、Amazonでも複数サイズありました!

サイズ
  • Mサイズ:30cm × 30cm
  • Lサイズ:40cm × 40cm
  • LLサイズ:50cm × 50cm
  • 3Lサイズ:60cm × 60cm

商品リンク

■ Mサイズ(購入したサイズ)

created by Rinker
タナックス(Tanax)
¥1,373 (2024/04/14 00:18:36時点 Amazon調べ-詳細)

 

■ Lサイズ

created by Rinker
タナックス(Tanax)
¥1,409 (2024/04/14 00:18:37時点 Amazon調べ-詳細)

 

■ LLサイズ

 

■ 3Lサイズ

created by Rinker
タナックス(Tanax)
¥2,656 (2024/04/14 00:18:39時点 Amazon調べ-詳細)

小さい荷物から大きい荷物まで、様々なサイズに対応できるので、リュックに入れておくと非常に便利なアイテムです!

商品のレビュー

まずはメリット・デメリットから紹介したいと思います!

メリット
  • 安価で導入できる
  • 用途でサイズが選べる
  • バイクの外観を損ねない
  • 使わないときはリュックにしまえる

デメリット
  • 雨天時は荷物が濡れる
  • 伸縮性が落ちてくる

ツーリングネットの魅力は、安価で収納性が良いことです。使わないときはリュックに入れることができるので、持っておけばいざという時に役に立ちます。

テントなども余裕で積載出来ますが、雨天時は荷物が濡れてしまうので、袋に入れるなど対策をして運搬することをおススメします!

グロムでの取付例

バイクの外観を損ねないので「ボックスは見た目的に嫌だな・・・」と思っている方でも導入しやすいと思います!

一番小さいMサイズでも、テント(2人用) + 寝袋が収まるため、1日キャンプなら十分だと思いました。

若干スペースの空きがあるので、2リットルの水なども入れられそうです。

グロム(JC75)なら、シート裏が非常にフックを引っ掛けやすいのでおススメです!

シートには頑丈なプレートが入っているので、荷物を支える程度であれば問題なないハズです!

実際に駐車場でスラローム走行しましたが、ツーリングネットも荷物もビクともしません。

是非参考までに!

まとめ

最後までご覧いただきありがとうございました!

ツーリングネットですが、積載量が無いバイクには非常に優良なアイテムだと思いました。

外観も損ねないので、是非参考にしてみて下さい!

 

以上、ありがとうございました!

 

商品リンク

■ Mサイズ(購入したサイズ)

created by Rinker
タナックス(Tanax)
¥1,373 (2024/04/14 00:18:36時点 Amazon調べ-詳細)

 

■ Lサイズ

created by Rinker
タナックス(Tanax)
¥1,409 (2024/04/14 00:18:37時点 Amazon調べ-詳細)

 

■ LLサイズ

 

■ 3Lサイズ

created by Rinker
タナックス(Tanax)
¥2,656 (2024/04/14 00:18:39時点 Amazon調べ-詳細)

 

いつも見てくれてありがとうございます!
皆さんのクリックが励みになっています!
ポチっと協力をお願いします!

ブログ村