【グロム】チェーンガード(スプロケットガード)を取付【転倒時の対策】

チェーンガード!転倒時にスプロケの巻き込み防止

こんな方におススメ
  • レースに参加したい方
  • スポーツ走行を行っている方
  • 転倒時の安全対策をしたい方

今回は転倒時の大ケガ防止になるアイテムをご紹介します。

そのアイテムが「チェーンガード(スプロケットガード)」です。

チェーンガードとは

チェーンガード(スプロケットガード)は転倒時にチェーンとスプロケットの隙間に身体が巻き込まれないようにするパーツです。

巻き込まれると指切断など重大なケガに繋がることがあり、転倒時の保険に装着しておくことをおススメします。

最近のミニバイクレースではレギュレーションで装着を義務付けている場合が多いです。

取付作業

取付けは非常に簡単でスイングアームに挟み込むだけです。

取付時間:5分

手順
  1. ステーのネジを外し、付属品を取付
  2. スイングアームに取付する

1.ステーのネジを外し、付属品を取付

付属品

パッキン ×2
ラバーカバー ×1

ステーに円形の溝が彫られているのでラバーカバーを押し込みます。

付属パッキンはスイングアームに取付後グラつく場合に使用くださいとのこと。

2.スイングアームに取付する

締め付けトルクは「10kgm」です。

スイングアームに固定をしたら完了になります。

まとめ

最後までご覧いただきありがとうございました!

今回は転倒時の安全対策になる「チェーンガード(スプロケットガード)」のご紹介でした。

  • レースに出る方はレギュレーションで必須
  • 転倒時の大けがのリスクを減らしたい

上記の方にはぜひおススメです!

安いパーツではありませんが転倒時に大ケガをする可能性を減らせるなら買っていて損はありません。

 

以上、ありがとうございました!

 

 

\ グロムのパーツを紹介しています! /

グロムをカスタム!おすすめパーツ一覧 【グロム】おすすめカスタムパーツまとめ31選【レアパーツもあり】