【かなり厳選】スポーツ走行も可能!グロムにオススメなタイヤ(5選)

今回は「グロムのオススメのタイヤ」をご紹介いたします!

こんな方におススメ
  • グロムのタイヤ選びで困っている方
  • グロム用のスポーツタイヤに興味がある方

この記事にたどり着いたと言うことは「タイヤ探しに困ってる」という方が多いのではないでしょうか?

投稿者

グロムってタイヤの種類も多いですよね・・・

今回はサーキット走行好きな私がおススメのタイヤを5つピックアップ致しました!

選定するにあたって「実際に装着したことのある」+「安心感がある」は絶対条件にしています。

ぜひ安心感を求める方は候補に入れてみてはいかがでしょうか。

紹介するタイヤ
  • IRC (NR77U)
  • SHINKO(F003)
  • ダンロップ (TT93GP)
  • ブリジストン (BT601SS)
  • ブリジストン (S01 / S02)

それではそれぞれのタイヤを紹介いたします。

走らない人にもスポーツタイヤはオススメ!

グロムサーキット走行会画像1

実際スポーツタイヤは「減るのも早い」「タイヤの値段も少し高い」です。

膝擦りが出来る程の「絶対的なグリップ力」を誇り、急ブレーキ時の制動距離が短くできたり、乗って分かるグリップ力の高さなどが感じられます!

やはり多少高くても「コケる気がしない安心感」があるため、個人的には初心者こそ「スポーツタイヤ」をオススメしたいですね!

雨の日に乱暴なアクセル操作してもグリップしますからね!(笑)

また耐久性を気にしている方も多いと思いますが

意外と長持ち!
使っている方も多い「ダンロップ TT93GP」だと、サーキット走行で12時間通勤で10,000キロぐらい持った経験があり、実はタイヤに高負荷をかけなければ、かなり長持ちです!

使ってみると「スポーツタイヤもアリかもしれない!」と思ってくれるハズなので、是非お試しください!

純正タイヤの詳細

データ

■ タイヤサイズ (全モデル)
フロント:120 / 70 – 12 51L
リア  :130 / 70 – 12 56L

■ 純正タイヤ
VeeRubber:VRM119C
IRC:NR77U

タイヤサイズは全モデル(JC71 / JC75 / JC92)共通となっています。

JC92は不明ですが、JC61/JC75は純正タイヤが2種類あり、どちらかが付いています。

おすすめタイヤ

NSRホイールの装着前

オススメのタイヤをご紹介いたします!

タイヤは「ドライ」「ウェット」「耐久性」「ハンドリング」で評価します。

IRC (NR77U)

このタイヤの評価
ドライ
(3.5)
ウェット
(3.0)
耐久性
(4.0)
ハンドリング
(3.0)
総合評価
(3.5)

グロム(JC75)の純正タイヤ(当たりの方)です。

グリップ力・耐久性も良く街乗りメインの方ならこのタイヤを選んでおけば間違いありません。(純正ですし)

私自身も納車してから半年以上このタイヤを使用していましたが、安心感があり特に不満などもありませんでした。

膝をすることも可能ですが「タイムを出したい!」場合はTT93GPの方がおススメです!

SHINKO(F003)

このタイヤの評価
ドライ
(5.0)
ウェット
(3.0)
耐久性
(2.0)
ハンドリング
(4.0)
総合評価
(3.5)

SHINKO(シンコー)は日本の「YOKOHAMAタイヤの二輪」の技術を引き継いだ会社になります。

BT601SS同様にクセが無くタイヤウォーマー無しでも全然グリップします。

投稿者

ソフトコンパウンドは秒で無くなるため、1発のタイムが重要なレースなどにはかなり良いかもしれません。

好みの問題かもしれませんが、サーキットのタイムだと「BT601SSと同等」で「S01 / S02より良い」でした。

値段も前後で15,000円程でBT601-SSより4,000円近く安いので、今一番おススメしたいタイヤです!

商品リンク

ダンロップ (TT93GP)

グロム24か月目

このタイヤの評価
ドライ
(4.0)
ウェット
(3.5)
耐久性
(3.5)
ハンドリング
(4.0)
総合評価
(4.0)

ダンロップのハイグリップタイヤです。

サイズも「120/80-12」と「130/70-12」と珍しく純正サイズもラインアップされています。

スポーツ走行の場合は「120/80-12」で、街乗りなら「130/70-12」がおススメです!

サーキット走行6回以上でもタイヤが残る程ロングライフなので、街乗り程度であれば1年以上は持ちます。

スポーツタイヤ入門にはピッタリのタイヤです!

商品リンク

ブリジストン (BT601SS)

グロム画像

このタイヤの評価
ドライ
(4.5)
ウェット
(3.5)
耐久性
(1.5)
ハンドリング
(4.5)
総合評価
(4.0)

ブリジストンハイグリップタイヤグロムレースでもド定番のタイヤです!

MEMO
純正サイズではありませんが、取付自体は全く問題ありません。

ライフは短い街乗りメインなら半年以上は持ちます

タイヤも熱が入っていなくてもグリップ力があるので、安心感は桁違いです。

少しでも長持ちさせたいのであればコンパウンドをミディアムかハードにすることをおススメします。

ブリジストン (S01 / S02)

このタイヤの評価
ドライ
(4.5)
ウェット
(4.0)
耐久性
(2.0)
ハンドリング
(4.5)
総合評価
(4.0)

こちらもブリジストンのハイグリップタイヤになります。

フロントとリアタイヤで名称が変わります。

フロント:S01
リア  :S02

先ほどご紹介をしたBT601SSとコンパウンドは同じだが、こちらは高速コーナー向けのタイヤとなっています。

グリップ力的には「NR77U < TT93GP < S01/S02 < BT601SS」でグリップ力は最強クラス。

耐久性も抜群で、街乗り程度なら1年以上は持ちます。

BT601SSのグリップ力を100点とすると92点ぐらいの印象だが、タイヤライフとグリップ力を兼ね備えたコスパ抜群タイヤです!

商品リンク
パーツダイレクト楽天市場店
¥9,859 (2024/06/16 23:00時点 | 楽天市場調べ)

まとめ

最後までご覧いただきありがとうございました!

ハイグリップタイヤがほとんどですが、街乗りレベルであればかなり長持ちします。

安心感が全然違いますので是非一度ハイグリップタイヤをお試しください!

 

 

以上、ありがとうございました!

 

商品リンク

■SHINKO ( F003)

 

■ ダンロップ (TT93GP)

ダンロップ(DUNLOP)
¥9,797 (2024/06/13 01:54時点 | Amazon調べ)
ダンロップ(DUNLOP)
¥11,780 (2024/06/16 23:00時点 | Amazon調べ)

 

■ブリジストン  (BT601-SS)

 

■ブリジストン (S01 / S02)

パーツダイレクト楽天市場店
¥9,859 (2024/06/16 23:00時点 | 楽天市場調べ)

いつも見てくれてありがとうございます!
皆さんのクリックが励みになっています!
ポチっと協力をお願いします!

ブログ村