【グロム】NSRのホイールを装着|もうノーマルホイールには戻れない!

NSRホイールのコンバートキット

NSR(Nチビ)用のホイールを購入しました!

やはりハイグリップタイヤの性能をフルに活かすならNSRホイールが最強です!

理由としては以下の通りです

  • ハイグリップタイヤの性能をフルに活かせる
  • タイヤサイズが適正になる
  • ハンドリングが軽くなる

実際にサーキット走行で結果、タイムが上がっております。

しかも普段より少しグリップ力が低いタイヤで・・・

つまり同等レベル、同じタイヤならNSRホイールには勝てないという結果に。

ではなぜ、ここまでの差があるのか?

この原因の鍵となるのが「タイヤサイズ」です。

■ グロム純正
前:120 / 70 – 12
後:130 / 70 – 12

グロムの定番のハイグリップタイヤといえば「bt601ss」等ですが、基本的に以下サイズが主流になります。

■ ハイグリップ定番のタイヤサイズ
前:100 / 90 – 12
後:120 / 80 – 12

グロムのノーマルホイールにハイグリップタイヤを履かせると扁平率の問題でタイヤの性能をフルに引き出すことが出来ません。

これは実際に写真を見たら分かりやすいかもしれません。

■グロム純正ホイール

■NSRホイール

NSRホイールは端っこが丸っこいのが分かりますでしょうか?

やはりバンク角が深くなるとNSRホイールの方が接地面が多いので安定感や安心感が全く違います。

そんな何かとスゴイNSRホイールを今回はレビューしたいと思います!

取り付けに必要な物

NSRホイールをグロムに取付けるには結構な初期投資が掛かります。

  • NSRホイール
  • コンバートキット
  • フロント・リア用のブレーキディスク
  • NSR用のスプロケット
  • ベアリング(ホイールの状態次第)
  • タイヤ(タイヤの状態次第)

全て揃えると一式7~8万円も掛かってしまいます。

ショップに取付をお願いするとさらに費用が掛かります。

これだけ費用を掛けてもグロムカップ等のレースには出られないので、個人の趣味の範囲で試してみることをおススメします。

取り付け

取付自体は非常に簡単です!

事前にスプロケ、ブレーキディスク、コンバートキットをNSRホイールに取付けておきましょう。

  1. グロムの純正ホイールを外す
  2. NSRホイールを取り付ける
  3. チェーンの調整を行う

基本的にはこれだけです。

コンバートキットもネジで固定するだけで簡単です。

■ディスク側

■ スプロケ側

フロントタイヤ側はカラーを付けるだけなので特に作業はありません。

まとめ

最後までご覧いただきありがとうございました!

ちなみに見た目はこうなります

■ 純正ホイール

 

NSRホイール

カラーリングも似ているのでぱっと見分からない具合が最高です。

サーキット走行でもコーナリングの最初の倒しこみが軽くなり、バンク角が深くても安心して走ることが出来ます。

コンバートキットキットの入手でかなりの時間を要したので、やっと取り付けが出来て大満足です!

 

以上、ありがとうございました!