【グロム】おすすめのエンジンオイル5選!

エンジンオイルの種類が多すぎる!

こんなに種類があると何がいいのか分からない。

意外とこの悩みを抱えてる方多いのではないでしょうか?

そこで今回は実際にグロムに入れた数々のオイルからおすすめのオイル5種類をご紹介いたします。

エンジンオイルの役割

エンジンオイルは人間だと血液にあたる重要なものです。

主にエンジンオイルの役割は5つあります。

  1. 円滑
    金属摩擦を減らす
  2. 気密
    エンジン内の気密を保つ
  3. 冷却
    エンジンの熱を吸収する
  4. 洗浄
    エンジンの汚れを取る
  5. 防錆
    エンジン内の錆の防止

エンジン保護のためにも定期的な交換が必要になります。

エンジンオイルの種類

エンジンオイルには種類があり、グレードによっても値段がかなり違います。

 鉱物油部分合成油化学合成油
性能低性能中性能高性能
値段安い普通高い

■ オススメ
街乗り  :鉱物油・部分合成油
サーキット:化学合成油

スポーツ走行をする方は熱に強い「化学合成油」がオススメです。

 

オイルの規格を分かりやすくまとめてみました!

【保存版】オイルの種類や規格のまとめ

オススメのエンジンオイル

オススメのエンジンオイルをご紹介いたします。

迷っている方はここから選んでみてね!

自分

ULTRA G2

ホンダの純正オイルなので間違いないです!

ベースオイルは「部分合成油」になります。

スポーツ走行をしないのであればG2オイルで全然問題ありません。

オイル粘度も10w-40なのでオールシーズン使えて、使い勝手がかなりいいです。

ULTRA G3

個人的にかなりおススメです!

G2オイルの上位モデルになります。

このグレードから高級な「化学合成油」になります。

オイル粘度は5w-30なので少し柔らかめのオイルですが、粘度30なら全然オールシーズン使えます。

シフトフィーリングもかなり良く、スポーツ走行にも使えるコスパ最強オイルです。

ULTRA G4

ホンダ純正オイルの最上位グレードです。

ベースオイルはもちろん高級「化学合成油」です。

オイル粘度は0w-30なので、冬場はエンジンの掛かりは良さそうです。

G3オイルよりも高温時の粘度保持性が高く、夏の渋滞などにはG4オイルの方がいいかもしれません。

基本的にサーキットで熱ダレしない限りはG3オイルで問題なしです。

 

MOTUL 5100

created by Rinker
モチュール(Motul)
¥2,211 (2021/10/20 14:34:49時点 Amazon調べ-詳細)

エステル配合の「化学合成油」になります。

エステル配合オイルはMOTULが世界初とのことです。

エステル配合オイルは金属に引っ付きやすい性質があり、金属の摩擦係数を減らすことができます。摩擦が減るので出力が上がります。

全然関係ないですがめちゃくちゃいい匂いがします(笑)

MOTUL 7100

created by Rinker
モチュール(Motul)
¥2,565 (2021/10/20 18:04:58時点 Amazon調べ-詳細)

MOTUL 5100の上位モデルになります。

ベースオイルは「化学合成油」です。

グレード的には5100と300vの間のマイナーなオイルです。

サーキット走行でも使えて、フィーリングもいいので結構気に入っているオイルです。

2,000キロ以上持ち、他のオイルに比べて劣化が低い印象です。

ちなみに色は真っ赤です。あといい匂いします(笑)

まとめ

グロムにおすすめのオイルはいかがだったでしょうか。

今回の記事をまとめるとこんな感じです。

  • スポーツ走行をしないのであれば純正の「ULTRA G2」オイルで問題なし
  • スポーツ走行をするなら「化学合成油」がおススメ!

オイルのメンテナンスを行うだけで耐久性にかなりの差がでます。

オイル交換も簡単にできますので、ぜひチャレンジしてみてください。

 

以上ありがとうございました!