【SHURE】高遮音性イヤホンSE215・SE425・SE535・SE846をレビュー

shureイヤホン

今回は私の大好きな「SHURE(シュア)」のイヤホンをレビューしていきたいと思います。

(実話)遮音性も素晴らしく、会社の電話が目の前で鳴っているのに気づかずにスルーしてしまったのは秘密です・・・

SHURE(シュア)とは

1925年創業でアメリカに拠点を置く老舗メーカーです。

高品質なマイクやオーディオ機器など画期的な商品を世に送り出しているメーカーです。

→ SHUREの歴史

SHUREのイヤホン

SHUREのイヤホンで抜群の知名度を誇る「SEシリーズ」は音質・耐久性・遮音性が素晴らしく

独特の形状や羽生結弦選手もやっている独特な装着の仕方(SHURE掛け)も特徴です。

■SHURE掛け

またMMCX端子でケーブルのみ交換(リケーブル)などもでき、ケーブルの素材を変えてチューニングすることも可能となっています!

なのでイヤホン本体が壊れない限り使うことができるのでかなり長期的に使用することが可能です!

自分のSE215も7年前に購入したものですがいまだに現役です!

SE215

 

SHUREのイヤホンのエントリーモデルになります!

SE215はダイナミックドライバー1機搭載しており、低音ベースになっています。

音自体はクリアなのでモニタ用にはかなりいいです。

SE425

 

SE425はバランスド・アーマチュアドライバーを2機搭載しており、それぞれ高音と低音を受け持っているためとても音のバランスがいいです。

自分もPCのモニタ用で現状使用しており、長時間使っていても全く耳が疲れません!

いい意味でクセがなくとてもいいイヤホンです!

SE535 LTD

 

自分の一番のお気に入りです!

SE535 LTDはSE535をベースに日本人向けのチューニングを施しているモデルになります。

ドライバーは低音が2機、高音が1機のモデルとなります。

低音もあるのでライブ映像を見たりするととても臨場感があって楽しいです!

ずっと装着していても耳が疲れないのはさすがSHURE製品だなと思います!

自分もSE535LTDをBluetoothケーブルで日常使いしていますがケーブルも邪魔にならないのでかなりおススメです!

SHUREの標準ケーブルってめっちゃ長いのでケーブルが短いのは助かります

SE846

SE846はSEシリーズの上位モデル機種でBAは4機になります。

SHUREらしいバランスのいい音で意外と長時間使用でも全く問題ありませんでした。

音質は言うまでもなくよく、解像度もかなり高いと思います。

このモデルからノズル交換が可能になっており、ノズルでもかなり変わるため好みに合わせてチューニングが可能となっています。

参考 【やってみた】SHURE SE846を聴いてみた!【やってみた】SHURE SE846を聴いてみた!

お値段はかなり高いですが、値段に似合う価値がありますのでお勧めです。

最後に

今回は「SHURE SEシリーズ」をご紹介させて頂きました!

長く愛され続けているSHURE製品の音質が気になる方は

家電量販店でも視聴することができると思いますので

一度ぜひSHURE製品の音を聞いてみてください!

 

以上ありがとうございました!