【グロム】キタコ「中空アクスルシャフト」で走りが変わるのか!?【効果なし】

シャフト!中空シャフトで腰下の軽量化!

この記事で分かること
  • アクスルシャフトの重要性
  • キタコの中空シャフトの効果

バネ下軽量化は効果絶大とのことでレビューを見ていても「結構変わった!」「走りが軽くなった!」などテレビショッピングを彷彿させるレビューが溢れかえっていました。

ちなみに王道はKOOD製
中空で軽量化、精度も何もかもが完璧です。

ただKOODは高級品でグロムのシャフトですら前後3万円オーバーです。

高価で手が出せない!

自分

そこで発見したのが「キタコ製のアクスルシャフト」です。

素材もクロモリ、中空シャフトで価格はなんと前後で7,000円!

誤差なのかは不明ですが最高速が3km/hアップ!(103→106km/h)

商品リンク
created by Rinker
キタコ(KITACO)
¥3,322 (2022/08/15 13:25:07時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
キタコ(KITACO)
¥3,544 (2022/08/15 13:25:08時点 Amazon調べ-詳細)

ノーマルシャフトより間違いなく軽量なため、良い物なのは確か。

ただ「体感ができなかった」です

最高速アップしてるので効果アリなのは間違いないと思っています。

アクスルシャフトの役割について

【キタコ】アクスルシャフト(リア取付中)

  • フロントフォークを左右連結させる
  • ベアリング固定によってフリクションロスが最小限に抑えられる
  • スプロケやキャリパーなどのパーツの位置決めを行う
  • ホイールからの荷重をサスペンションへ伝える

タイヤのグリップ感や路面ギャップなども全てアクスルシャフトを通して私達の元に伝達されるわけです。

ただの鉄の棒では無い訳です。

もちろん社外パーツも多く出回っており多いのが「クロモリシャフト」です。

クロモリとは?

クロムモリブデン鋼は、鉄に極僅かのクロム、モリブデン等を添加した低合金鋼の一種である。略してクロモリとも呼ばれる。 クロムモリブデン鋼は非常に優れた強度重量比を有しており、溶接が容易で、標準の機械構造用炭素鋼 と比較してかなりの強度と硬度を有している。

引用元:wikipedia

強度が高く負荷を受けてもしなりがない為、低フリクションが実現できるわけです。

ただ非常に高価です。

取り付け

作業時間(前後):40分

取付自体はシャフトを交換するだけなので簡単です。

メンテナンススタンド(前後)があると簡単に出来ます!

中空アクスルシャフト交換

リア側

19mmと17mmを使ってシャフトを抜いていきます。

ナット側を外して、ゴムハンマー等で叩けば簡単にシャフトを抜くことができます。

色も黒色でカッコいいです!

中空アクスルシャフトなだけあって中が空洞になっています。

純正と持ち比べてみるとキタコの中空アクスルシャフトの方がちょっと軽いかな?

あとは抜いたシャフトの部分にキタコの中空アクスルシャフトを差し込んで固定をしたらリアのアクスルシャフト交換は完了になります!

フロント側

ジャッキを使ってフロントを上げてシャフト交換を行いました!

14mm 19mmでアクスルシャフトを引き抜きます!

フロント側は10分掛かりませんでした!

意外とさりげなくカスタムしてる感があっていいですね!

テスト走行では軽くなったような気がする?レベルで正直効果は分かりませんでした。

 

一応バネ下の軽量化も図れるので、やって損をするってことはないかと思います。

 

以上ありがとうございました!

 

商品リンク
created by Rinker
キタコ(KITACO)
¥3,322 (2022/08/15 13:25:07時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
キタコ(KITACO)
¥3,544 (2022/08/15 13:25:08時点 Amazon調べ-詳細)

 

\ 耐久性は微妙だった /

リアシャフト!中空シャフトの耐久性はイマイチ 耐久性はイマイチ?キタコの中空シャフトが曲がった件